衒学News

TOP ≫ CATEGORY ≫ 生物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ニュージーランドに先史時代の海の怪物のような死骸が漂着


1 : エジプシャン・マウ(チベット自治区):2013/05/08(水) 09:23:39.73 ID:2tCJd0x50 ?PLT(12010) ポイント特典

奇妙に見える死骸がニュージーランドの岸に打ち寄せた後、「海の怪物」の謎は生まれました。
専門家の憶測では、動物の死体はシャチではないかと示唆している

奇妙に見える死骸は、それが「海の怪物」だったという推測をあおって、
ニュージーランドの海岸に最近漂着しました。
発見をしたビーチによく行く人によると生き物の死骸は正体不明としながら、
劣化した凶暴そうな頭と歯が、先史時代の何かに似ていたといいます。

YouTubeのビデオには、「奇妙な海洋生物」に分類されたプレンティー湾プケヒナビーチの死体を説明し、
動画をアップした人はこう評しました
「誰もがそれが何であるかを特定することはできますか?それは初歩的なひれを持ち巨大な頭と歯を
持っている。長さは約9Mだが、下半身はおそらく内臓を攻撃されているように見える」

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embebred&v=sumif3fCDH4
最後に、しかしながら謎は解決されているように見えます。
海の怪物は、海洋哺乳類の専門家によると、ほとんどの場合、単純にシャチやイルカだった。
(シャチは、一般的にプレンティー湾で見られている。)
国立博物館の海洋生物専門家アントンバンヘルデンは、彼の識別に基づいた新聞を載せた
ニュージーランドのサンに、フィン構造を伝えました。
発見のニュースはヘッドラインの下でこう報告されました。
「モンスターの死骸はニュージーランドで岸に打ち寄せられました。」
見出しの下には、解剖の厳しい状態で水棲動物が世代のために海の怪物や恐竜と
誤認されていることを説明した。
以下略 詳細サイトにて

2013-05-07
http://www.grindtv.com/outdoor/nature/post/sea-monster-mystery-spawned-after-bizarre-looking-carcass-washes-ashore-in-new-zealand/



スポンサーサイト

飼ってるペット殺したら1億円貰えるとしたら殺す?


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 07:18:23.73 ID:PWRznC1h0
自分の手で殺すのが条件ね
シーモンキーとかなしの哺乳類限定


【科学】サルも身勝手な人が嫌い


1 :帰社倶楽部φ ★:2013/03/06(水) 11:43:16.23 ID:???0
南米アマゾン川流域の森林などに住むフサオマキザルが、第三者間のやりとりを見て身勝手な
側を避けるように行動することを、京都大文学研究科の藤田和生教授や英国スターリング大
などの研究グループが実験で確かめた。人の嫌悪感情と似ており、協力的な社会の進化を
考える上で重要な知見になるという。
フサオマキザルは石でヤシの実を割るなど道具を用いるだけでなく、食べ物を分け合うなど
協力的な行動をする。

実験は、演技者2人で、容器から玩具を取り出すのを助けたり(協力的)、助けを拒否したり(非協力)、
ボールを交換したり(公平)、自分だけボールの受け渡しを拒否する(不公平)などの演技をした後、
2人が同時に食べ物を差し出して、どちらからもらうかを調べた。
7頭の平均で、協力があった場合に助けた人を選ぶのはほぼ半数だが、協力を拒否した人を選んだのは
44%などと、身勝手な人を嫌う傾向を示した。
藤田教授は「サルはどちらから食べ物を受け取っても不利益がないため、理性的というより感情的評価
が働いている。子どもの発達段階で見られる嫌悪と似ている」と話す。
協力的社会を構築するためには第三者の視線を気にして行動を調節することも大切で、今後は見られている
ときと見られていないときの行動の違いについても調べる。

研究成果は英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズなどで6日までに発表する。

[京都新聞]【2013年03月06日 09時19分】
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130306000023
感情的評価能力を調べる実験



女子高生が鶏を育てて解体して食べる 「命の授業」は残酷か?


1 : ボンベイ(新疆ウイグル自治区):2013/03/06(水) 03:41:33.27 ID:u7Q+iLTC0 ?PLT(12000) ポイント特典

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130305-00000306-bjournal-bus_all

女子高生が鶏を育てて解体して食べる 「命の授業」は残酷か?
Business Journal 3月5日(火)8時36分配信

ーー『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』(共にテレビ東京)『情熱大陸』(TBS)などの経済ドキュメンタリー番組を日
夜ウォッチし続けている映画監督・松江哲明氏が、ドキュメンタリー作家の視点で裏読みレビューしますーー。

今回の番組:2月24日放送『情熱大陸』(TBS)

 カメラは鶏の首を持ち、ナイフを刺す生徒たちの表情を追う。嗚咽し、涙を流す少女たち。覚悟を決めた力強い意志を感
じさせる男子生徒。そして、順番を待ってはいるものの、一歩を進めることさえ困難そうな塚本さん……。

 この日の『情熱大陸』は福岡県立筑水高等学校の真鍋公士教師が主役だが、ディレクターの視点は彼女に向いていた。真
鍋教師を軸に進めつつも、彼女の成長もしっかりと追う。そのように構成することで、番組の視点が視聴者に近くなる。そ
して首を切られる鶏を一切、映すことなく、しかしそれを見る生徒たちの表情を捉えることで、制作者が何を伝えたいのが
明確になった。

 このクラスでは食品流通科一年生の授業として毎年「命の授業」が行われている。鶏の受精卵を生徒一人ずつが飼育し、
成長したそれを自らの手で解体し、食べるのだ。命の尊厳を肌で感じる授業はメディアにも取り上げられ、文部科学大臣奨
励賞を受賞した。

 だが、一方で批判もある。

 学生にそんな残酷なことをさせなくても、という意見だ。しかし真鍋先生には直接体験することでしか伝えられない教育
がある、と確信している。でなければこのような授業を16年間も続けられるはずがない。三カ月の最後、生徒たちは二つの
選択を選ぶことになる。工場に出荷するか、自らの手で解体をするか。受精卵に名前を付け、愛着のある「子」を自らの手
で「殺す」のには並大抵の覚悟ではないはずだ。


【画像】アメリカの湖の金魚がでっかい!! そりゃ、糞しただけでも生態系に影響するわwww


1 : ブリティッシュショートヘア(新疆ウイグル自治区):2013/03/02(土) 01:58:32.07 ID:S670VHxK0 ?PLT(12004) ポイント特典

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52118930.html

アメリカの湖で巨大化した金魚が猛繁殖、生態系への影響を懸念(米カリフォルニア州)
2013年02月23日


 米カリフォルニア州とネバダ州の州境のシエラネヴァダ山中にあるタオ湖は、全米2番目の深さを誇り、その透明度も高く、
かつては世界第3位を誇った。ところがそんなタホ湖に大異変が。巨大化した金魚が繁殖し、専門家は生態系を乱す恐れや、
排せつ物による汚染を懸念している。


【猫画像】遠隔操作犯ゆうすけ容疑者逮捕の決め手となった猫画像、公開へ


1 : アムールヤマネコ(dion軍):2013/02/11(月) 01:31:25.35 ID:YkzIcAuA0● ?PLT(14072) ポイント特典

この猫に付けられた首輪にウイルスのデータが入った記録媒体が貼られていた
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/remote_control_virus/?1360502002



Z20130210GZ0JPG000354001000.jpg

【人面犬】 せつない顔の犬


1 : マーゲイ(WiMAX):2013/02/06(水) 13:35:14.13 ID:FvI7opM+P ?PLT(12872) ポイント特典

人面犬!? せつない顔のおじさんみたいなプードルが話題に

人面犬といえば、今から20年以上も前に日本でブームになった都市伝説です。
体は犬で、顔が人間。言葉を喋り、口癖は「ほっといてくれよ」など。
運動能力も驚異的で、走るスピードは時速100キロ、6メートルのジャンプ力
があるといわれています。

そんな日本発祥の人面犬が、海の向こうの海外サイトで大きな話題になっています。
犬の名前は「Tonik」。米ケンタッキー州の保健所にいたというプードルです。

Tonikが掲載されていたのは、海外の里親探しサイト『Petfinder』。
写真をよく見ると、たしかに人間のような顔をしています。
せつなく、悲しげな表情をしたおじさんのような……。

ちなみにTonikの詳細なプロフィールは、プードルとシーズーとの二重純血犬種で性別はオス。
去勢手術も受けているとのこと。現在、250米ドルで里親を探しているそうな。
いちはやく引き取り手が見つかることを切に願うばかりです。

in434-20932637-2-x.jpeg
in434-20932637-2-x.jpeg

【猫】猫の出す「ゴロゴロ音」癒し効果がすごい。ゴロゴロ音を聞くと自然治癒力がアップ…フランスではゴロゴロセラピーも


1 :ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★:2013/02/02(土) 07:19:40.03 ID:???0
 ひざの上でゴロゴロゴロ......と気持ちよさそうに目を閉じている猫を見ていると、こちらまでリラックスして
気分がポワッと安らいできます。じつは、この猫の出す「ゴロゴロ音」には、ストレスや不眠、不安感を癒してくれる
自然治癒力が認められているのだそう!

●フランスではゴロゴロセラピーも!
なんとフランスでは、猫のゴロゴロ音に関する本も出版されいたり、「ゴロゴロセラピー」という自然治癒法を
提案している獣医師がいたりするほど。猫のゴロゴロ音は、ストレスをなだめる強い効果があり、免疫力を上げ、
副作用のない薬とまで言われています。

●ゴロゴロ音は脳をハッピーにさせてくれる!
体の機能がストレスに耐えきれない状況と戦っている的、猫の出す振動音は、音楽のように心地よく有益に働いてくれるのです。
もともと猫のゴロゴロ音は、お母さん猫が仔猫に対して、なだめて打ち解けるためにいちばん最初に送るシグナル。また、
このゴロゴロ音は20〜50ヘルツの低周波音であり、ポジティブな思考や幸福感を私たちの脳に伝えてくれる効果があるそう。

 さらに、猫は骨折をしても、他の動物と比べて3倍の速さで回復すると言われており、その原因にこのゴロゴロ音による
振動が挙げられているのだとか。実際、フランスの理学療法士がそれを再現して人間の骨治療に用いているという話もあります。

 猫はかわいいだけではなく、こうして飼い主の健康維持までしてくれているのでしょうか。日本ならではの「猫カフェ」が
流行するのは、疲れている人が多い証拠なのかもしれません。

ソース:http://news.ameba.jp/20130201-577/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。