衒学News

TOPスポンサー広告 ≫ ナルトネタバレ 617TOPナルトネタバレ ≫ ナルトネタバレ 617

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ナルトネタバレ 617

-naruto-24117853-800-600.jpg



全画
898 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/01/23(水) 14:31:17.47 ID:cxILraLt0
617
リーは何を感じる?
リー「(本物のネジは…ここに…)」
――回想始まり――
ネジ「こんなことやっても意味はないぞ,リー 
単に努力するだけでは俺には勝てない これは事実だ 他のライバルに目を向けろ」
ネジ「俺が負けたあの試合を見たか…? リー…今まで俺は…」
ネジ「リー,いつかお前と全力で戦いたい 俺の戦法とお前の戦法のどちらが上かを見極めたくてな」
ネジ「まぁ,俺の目が黒い限り(←要は,命ある限りという意味らしい)は負けないがな!」
――回想終わり――
リー「(君の場合,「俺の目が白い間は」と言った方がよかったのではないですかね?)」
リーの心境中のネジ(でいいのかな??)「えっ?あぁ,そうだな ともかく,俺がお前のライバルであることを覚えていてくれ」
カカシ「このチャクラ,以前よりも大量に,そして強くなっている…」
回想シカク「この戦いについて手に入れた情報があるんだが,少し確かめたいことがあってな」
回想シカク「カカシ,神威で異次元に出入りしたとき,八尾を連れてこれたのはナルトのチャクラを受け取ったためだと言っていたな」
回想カカシ「はい,より正確には,九尾から直接チャクラを受け取りました」
回想シカク「神威に九尾のチャクラを使うときには普段と違いがあると思うんだが,どのくらい違うのか簡単に説明してくれないか?」
回想カカシ「少なくとも三倍は強力になったと思います それまでの間は神威で大きな物体を飛ばすこともできませんでしたし,
そう何回も使用することもできませんでした」
九尾「(もう終わりそうか?)」
九尾「(ふん,ナルトはお前が望んでいたような忍になりやがったよ,四代目!)」
九尾「(俺のチャクラへの道筋を作れる唯一の人間はナルトだ)」
九尾「(クシナの血を継いでいるし長い間人柱力として生きてきたからな)」
九尾「(しかもナルトは,俺のチャクラを渡すときその形を各々に適合した性質に変化させられるほど技術を身に付けた)」
九尾「(つまり,俺はナルトを通じてどんな人間にもチャクラを渡すことができるわけだ)」
九尾「(こいつはもう…お前ら二人を超えやがったよ リンクさせ,渡すことのできるチャクラの量が凄まじく多くなった!)」
九尾「(受け取れ,クシナ,ミナト! お前ら二人ともこのガキに負けたんだよ,はっ)」
九尾「(まぁ,俺が思うに,これはお前らがナルトに渡したがっていた力だろ)」
マダラ「(ふっ,少し力を貸してやったほうがいいか?)」
シカマル「ナルト,行け!今だ!!(クソッ!抵抗してきやがる!)」
日向の誰か「ネジは意味もなく死ぬわけではない!」
オビト「ふん,その呪印は死ぬまで消えないのだろう」
オビト「日向の宗家により生み出された忍の呪い」
オビト「鳥かごの中で生き,ただただ死を望む」
オビト「いい暗示だな そのガキのようにお前らも無意味に死ぬんだよ」
ナルト「ネジの…」
ナルト「ネジの意思は…」
ナルト「まだ死んでねぇ!!!」
リー「私が奴の右側を取ります!!」
ナルト「よし!」
ナルト「(クソッ,俺の肩はまだ…!!)」
ナルト「お前らと違って俺は…」
ナルト「一度作った繋がりを断ち切りたくはねぇんだってばよ」
ナルト「それに俺とのつながりを断ち切られたくもねぇ」
サスケ「ここか?」
サスケ一向がたどり着いたのどこだ?
終わり





Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。