衒学News

TOPスポンサー広告 ≫ ブリーチネタバレ 524TOPブリーチネタバレ ≫ ブリーチネタバレ 524

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ブリーチネタバレ 524

bleach-3858011.jpg



400 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/01/23(水) 15:11:30.79 ID:DHVoZpc10
バレきたんで。


イサネとやちる隊舎においていかれる

隊舎にはそれぞれ剣八の眼帯とイサネへの卯の花の手紙

それをみて二人とも悲しむ

無間からドォン、ドォンと響く衝撃音

やちる「・・・剣ちゃん・・・」
イサネ「卯の花隊長・・・!」

無間で対峙する二人

剣八の斬撃を卯の花が片手いなして剣八の首元に刃が迫る

すんでの所で即死を回避し体制を立て直しつつ斬りかかる剣八

だがその攻撃も手を踏まれその上から卯の花斬りかかるるも剣八の蹴りによりはじかれる

ガン!!とお互いの刃が交錯する

卯の花「はじめから眼帯を外していることについては褒めてあげましょう」
「しかし、それによってあなたの力はもう底が見えている」

剣八の肩を斬る

再び刃が互いを交錯し反動で距離が離れる

卯の花「あなたは・・・弱い」

剣八の肩には短剣が刺さっている

卯の花片手で太刀をもう片方の手で短剣を持ちながら

卯の花「本来剣というのは片手で使うもの、そして残った腕は空けておくべきです」
「私には・・・貴方が戦いを楽しんでいるようには見えない」

剣八「相手を殺すためにこんな小細工をするやつだとは思わなかったぜ」
「随分・・・変わっちまったんだな」

「俺が尊敬してたあんたはこんなもんじゃねえ!!」

卯の花「戦っているうちはあなたにそれを言う資格はありません!!」

ドッ!!
一瞬で剣八の斬魄刀が手から弾かれる。
何も持たない剣八の喉笛に刀を突きつける卯の花

剣八息も絶え絶え

402 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/01/23(水) 15:12:16.81 ID:DHVoZpc10
卯の花「単純な事です。・・・私は何も変わっていない」
剣八「前に最後にあんたと戦った時は俺に小細工なんてする暇はなかったはずだ」
「俺が・・・・弱くなったのか?」

卯の花無言
剣八、悲しい目で卯の花を見る

剣八「俺は・・・あんたを尊敬してたんだ・・」

卯の花伏せ顔で無言

剣八「木や虫や人、なんであれ斬ったものは全て同じだと思っていた」
「退屈であれば闇の中で剣を振るっていた」
「あんたと戦った時 初めて恐怖というものを感じたんだ」
「初めは あんなにも戦いを楽しんでいたのに」
「だから俺は・・・戦いを望もうと決めたんだ」

「なのに・・・今は」

剣八目から涙

「あんたを倒せずに俺はここで死ぬのかよ!?」

ズッ 剣八の喉元を卯の花の刃が貫く
剣八吐血

卯の花無表情

薄れゆく意識の中で
剣八「畜生」

次の瞬間自身の意識があり卯の花と剣を交えている事に気づく剣八

卯の花「どうしました?」
「一瞬意識を失ったように見えましたが」

笑う卯の花

剣八「黙れよ!!」
(さっきのはなんだったんだ?確かに俺は・・・)
(クソが)
(考える時間もないってことかよ・・)
(殺し合いに意識を集中させなきゃいけねえのか)

距離を取る両名

卯の花(更木剣八 あなたは死を望んでいない)
(いつもあなたは死の淵で強くなる)
(それはあなたが自身に課した間違いであり)
(また・・)
(・・・私の罪です)

煽り、卯の花の罪とは、過去に何があったのか!?







Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。