衒学News

TOPスポンサー広告 ≫ ナルトネタバレ621 (文字バレ)TOPナルトネタバレ ≫ ナルトネタバレ621 (文字バレ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ナルトネタバレ621 (文字バレ)

全画


木神が手にした尾獣玉をスサノオにぶつける。
途端、地形が変わるほどの大爆発が起こった。

舞い上がる爆風と砂埃の中から異形の怪物が出現する。
9本の尾を持つが、明らかに先程までの九尾とは姿形が変わっている。 その眼には写輪眼が浮かび、肌は鎧のようなものに全身覆われている。
額の上に乗ったマダラが口を開く。

マダラ  「木遁 豪美の術か…怪物と戦うための術だな」


木神の顔が二つに割れ、中から柱間が出てくる。

柱間   「なにっ……!」

目の前に立ちはだかる怪物に驚く柱間。

柱間(尾獣にまるで鎧を着せるように須佐能乎を纏わせているのか…)
   (ふふ…考えたものだな、マダラよ)

余裕を見せる柱間だが、そこに須佐能乎を纏った九尾が容赦なく刀を振り下ろす。

印を結び、木遁でできた大きな手で刀を受け止める。

柱間   「刀を持っていてもお前のやることなんて分かっているぞ!」

さらに印を結び反撃を加える。

柱間   「木遁 補体の術!」

木遁でできた幾本もの巨大な手が地面から生え、九尾を捉えにかかる。

マダラ  「………」

九尾は手にした刀で襲いかかる木遁を斬りつけていく。 あまりの威力に、背後にそびえたつ山までもがすっぱりと切れてしまう。
その様子を見て移動することを決めた柱間。

柱間(このままではここら一帯は完全に破壊され尽くされてしまう


マダラ  「絶対に逃がさんぞ!!」

九尾を連れ、全速力で追いかけるマダラ。
海岸近くに柱間が追い詰められたことを確認すると再び尾獣玉をつくる。

マダラ  「逃げ回ることしか能がないのか柱間!」

尾獣玉にスサノオの持つ刀を突き刺し、まるで手裏剣のようにして飛ばすマダラ。

柱間   「!」

マダラ  「これでさっきのように受け止めることはできんぞ! さあどうする!」

右手の親指を少し齧る柱間。 血がついた指を地面に押し付ける。

柱間   「口寄せ…五重羅生門!!」

いかにも頑丈そうな巨大な壁が五重になって現れる。 壁面には鬼の顔が浮かんでいる。

柱間(これで……)

マダラ(軌道を変えやがったか…)

尾獣玉は巨大な壁を貫通し突き進むが、すこしづつ軌道が上に逸れていく。
そして柱間にぶつかることはなく背後の海を渡り、対岸の山に衝突する。

柱間   「向こう岸にまで届くとはな…」

マダラ  「柱間…最期に戦った時からもうずいぶん経つな…
「どうだ、おれは成長しただろう?」

体勢を立て直しチャクラを練るポーズをとる柱間だがすぐに仕掛けようとはしない。 
マダラを睨みつけ、そして問いかける。

柱間   「貴様は今まで積み上げてきたものを、我々の努力を全て破壊するつもりか?」
      「我々の戦いがもたらすものなど何もないぞ! 里や忍が傷ついてしまうだけだ!」
      「それはお前の弟や同胞に対する侮辱だぞ!」

マダラ  「よくもそんなことを…」

柱間   「お前を殺したくないんだ…!」

マダラ  「つまり殺そうと思えばいつでも殺せると…それほど自信があるということか…?」

柱間   「違う! 我々は友人だと思っているからだ…!」

マダラ  「おれはすでに頂点にいるのさ…!」

柱間   「仕方がない………」

目を閉じて両手を合わせ、チャクラを練っていく。
徐々に柱間の顔に特徴的な紋様が浮かび上がっていく。


柱間   「仙法 木遁…真数千手!!」

柱間の背後に巨大な千手観音が出現する。 観音様は桁外れに大きく、九尾がまるで赤子に思えるほどだった。

柱間   「行くぞマダラ!!」

マダラ  「来い柱間!」

柱間の顔には仙人モード特有の模様が浮かび、マダラも万華鏡を発動させている。
そして二人が激突する……!!


―幼き日の柱間の回想―

川辺には水切りをして遊ぶある少年の姿があった。

少年は川に向かって石を投げるが向こう岸には届かず、途中で沈んでしまう。
悔しそうな顔でぼやく。

マダラ  「次は絶対に向こう岸まで届かせてやるぜ…」

そのすぐ横で、また別の少年が石を投げた。
水面を何度も跳ね進み、あっさりと対岸に辿り着く。

マダラ  「…………」

憮然とした顔で隣に来た少年を見る。

少年   「もう少し上を狙って投げた方がいい…それが上手く投げるコツだね!」

マダラ  「……そんなこと知ってるよ! 真面目にやればできるし!」
      「ってゆうかお前だれだ!」

柱間   「とりあえずは水切りのライバルだと名乗っておこう…まあおれの石は向こう岸に辿り着いたけどな!」


柱間(それがマダラとの初めての出会いだった)



次週

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。