衒学News

TOPスポンサー広告 ≫ 【宇宙ヤヴァイ】「2018年火星の旅」を発表…想定されている2名の乗組員は男女1名ずつTOP宇宙 ≫ 【宇宙ヤヴァイ】「2018年火星の旅」を発表…想定されている2名の乗組員は男女1名ずつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【宇宙ヤヴァイ】「2018年火星の旅」を発表…想定されている2名の乗組員は男女1名ずつ


1 : バーミーズ(長野県):2013/03/01(金) 08:50:02.01 ID:W0f72dww0 ?PLT(34545) ポイント特典

宇宙旅行者デニス・チトー氏ら、「2018年火星の旅」を発表


宇宙旅行者デニス・チトー氏らが設立したインスピレーション・マーズ財団(Inspiration Mars Foundation)は2月27日、2018年1月に2人の民間人を乗せた宇宙船を打ち上げ、501日間に渡る有人火星ミッションを実施すると発表した。

発表によると、打ち上げは2018年1月5日に設定されており、228日かけて火星に接近し、そ
の後、273日かけて地球に帰還する。火星表面から約160kmまで接近するが、着陸はしない
、いわゆる有人火星自由帰還ミッションである。2018年を選んだのは、地球と火星間の自由
帰還軌道が成立する機会は約15年ごとに1回しかなく、2018年を逃すと、次は2031年になる
ためだという。
打ち上げに使用するロケットはファルコンヘビーやデルタ4ヘビーで、宇宙船はスペースX社
のドラゴン、もしくはボーイング社のCST-100やロッキード・マーチン社のオリオンを改造する。宇宙船には生命維持装置のほか、トイレから回収された尿と空気中の湿度から回収され
た水を飲料水にする水再生システム、約1350kgの乾燥食品や水などを搭載し、打ち上げ総
重量は約10トンに達する見込み。
想定されている2名の乗組員は男女1名ずつ、狭い宇宙船でかつ長期間過ごすため、宇宙放射線の影響や精神面などを考慮すると、中年の夫婦が望ましいという。
デニス・チトー氏はアメリカの起業家で、アメリカ航空宇宙局(NASA)の反対を押し切り、ロ
シアのソユーズ宇宙船の座席を自費で購入し、2001年に国際宇宙ステーション(ISS)に行
った世界初の宇宙旅行者。今回のミッションについても、予算が約10億ドル超えるとみられ
るが、NASAには資金提供を求めず、放映権やスポンサー募集などで資金を調達する。
■Inspiration Mars Foundation
http://inspirationmars.org/

http://www.sorae.jp/030701/4800.html





7 : ヤマネコ(庭):2013/03/01(金) 08:56:40.56 ID:zoIM9/SW0
>>1
画像が電マにしか見えない




2 : バーミーズ(北海道):2013/03/01(金) 08:51:15.15 ID:mvmDga8a0
行くのは白人様だろうね。




4 : エジプシャン・マウ(関東・甲信越):2013/03/01(金) 08:52:23.32 ID:Sts7APkd0
帰ってきたら1人増えてる




5 : ベンガル(岡山県):2013/03/01(金) 08:52:49.04 ID:gXyRbt6/0
中年の夫婦でないとな 若年のカップルだと妊娠したらヤバい 501日間もあるから出産に至っちゃう




8 : バーミーズ(北海道):2013/03/01(金) 08:56:59.01 ID:mvmDga8a0
>>5
dtかよw




9 : ヒョウ(芋):2013/03/01(金) 08:58:03.12 ID:mlVNCH/nP
嫁と狭いところで二人きりで500日。
精神が崩壊するだろ。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。