衒学News

TOPスポンサー広告 ≫ 出版社別売上げランキング2012 紀伊國屋書店 VS. アマゾンジャパンTOPマスコミ ≫ 出版社別売上げランキング2012 紀伊國屋書店 VS. アマゾンジャパン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

出版社別売上げランキング2012 紀伊國屋書店 VS. アマゾンジャパン

キャプチャ1
キャプチャ2



左側、紀伊國屋書店の濃いブルーは紀伊國屋書店の上位100位位内にしか名前がなかった出版社。薄いブルーは紀伊國屋書店のほうがランキング順位が高かった出版社。右側、アマゾンのオレンジの背景色も同じルールです。

紀伊國屋書店は医学書が強い印象。外商が強いのでしょうか。廣川書店、鍬谷書店は紀伊國屋にしか名前がありません。ただし、羊土社、メジカルビューのようにアマゾンのほうがランキングが高い医学書出版社もありますね。地方・小出版流通センター、星雲社の存在も印象的。

アマゾンジャパンはゲーム、音楽、写真集、コミックといった趣味系に強い印象です。攻略本を多く抱える5位のエンターブレインは紀伊國屋書店のランキングには名前が入ってきません。26位の一迅社、39位の竹書房、41位のリットーミュージックなどもそうです。

紀伊國屋書店のランキング17位の昭文社、24位のJTBパブリッシング、27位の高橋書店はアマゾンジャパンのランキングには名前がありません。アマゾンユーザーは、「地図や手帳はネットで済ませちゃうもんね」ということでしょうか。
ブログパーツ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。