衒学News

TOPスポンサー広告 ≫ 【大津・いじめ自殺】 「ネット右翼と鬼女、加害者らをいじめて『祭り』楽しむ。香山リカ氏『彼らの極論、怖い』」…週刊現代TOP社会 ≫ 【大津・いじめ自殺】 「ネット右翼と鬼女、加害者らをいじめて『祭り』楽しむ。香山リカ氏『彼らの極論、怖い』」…週刊現代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【大津・いじめ自殺】 「ネット右翼と鬼女、加害者らをいじめて『祭り』楽しむ。香山リカ氏『彼らの極論、怖い』」…週刊現代

1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/08/09(木) 12:30:04.38 ID:???0
・被害少年の祖父母は市内で銭湯を営んでいる。加害者に恐喝されたカネの大半は、孫かわいさで
 祖父母が渡したものだと言われる。祖母は、言葉少なにこう語った。
 「(マスコミには)なんにも言うなと言われてる。先生がな・・・、知っててな・・・、なんであんな
 かわいそうなことに・・・(涙ぐむ)」

 少年は自宅マンションの14階から飛び降りて自殺したと見られる。同じマンションに住む女性が言う。
 「あの朝、子供を見送って仕事に出ようと家に鍵をかけたところで、ドスッ!って大きな音が
 聞こえた。下に降りたら、広場にあの子が仰向けに倒れてた。目は開いたままでね・・・。隣にはあの子の
 双子のお姉ちゃんが、涙をポロポロこぼしながらしゃがんでた。あんな明るい、面白い子が、なんであんな
 ことになったんか・・・」
 これらはいずれも、記者が現場を歩き、直接聞いた肉声である。

 一方で、この国にはいまこんな言葉が溢れている。
 〈クズをはびこらせるな。奴らは同じ人間じゃない〉〈屑の親の遺伝子から屑の子ができた〉
 〈犯罪者庇う国ってなんだよ。人の人権奪っといて自分の人権守ろうなんざ甘いんだよ〉
 いずれもネット掲示板に躍っている。匿名で、いじめの加害少年とその親に罵声を浴びせている。
 ネット上には、加害少年の実名と顔写真、さらに親の実名と顔写真がまとめてアップされている。

 事件について語っているという点では同じだが、両者の間にはあまりにも大きな隔たりがある。
 孫を失った後も番台に座り続ける祖母の、身体性をともなう哀しみ。
 まったく無関係の匿名の人々がまき散らす、インターネット上での怒り。
 どちらに重みがあるか、論じるまでもないだろう。
 だがこの国ではいま、後者の怒りの炎が猛烈な勢いで広がり、前者の切実な哀しみは
 すっかり置き去りにされている。

 ネットの書き込みはさらにエスカレートする。
 〈加害者の父親が元警察官ならしょうがねーよな〉〈加害者は在日コリアンと判明した!!〉
 いずれも事実とは異なる情報だ。だが、こうした誤報がまたたく間に拡散し、さらにバッシングが
 繰り広げられる。(>>2-10につづく)
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33184

※前:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1344477349/

2 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/08/09(木) 12:30:19.13 ID:???0
(>>1のつづき)
 「凸」というネット用語をご存知だろうか。凸=突撃を意味する。
 「ネット上で晒されたこれらの情報に基づき、いきなり押しかけて抗議することを凸と言い、電話で
 文句を言うことは『電凸』と呼ばれます」
 そう解説するのは『ネットと愛国』の著者・安田浩一氏だ。安田氏は同書で、ネットの書き込みや
 デモで在日コリアンのバッシングを行う「在特会(在日特権を許さない市民の会)」の実態を
 レポートした。安田氏が続ける。
 「私のところにも取材で知り合った在特会の会員や元会員から次々と電話がかかってきました。
 『加害者の親は在日だと聞いています』『さもありなん、という事件ですよね』
 彼らは一様に興奮し、むしろ事件を楽しんでいるように聞こえました。新たな『敵』を発見して
 『正義』の名のもとに集団で攻撃する。そこにはもはや、自殺した少年に対する思いや、いじめ問題に
 対する深い考察はない。むしろ『祭り』を楽しんでいる。

 『ネット右翼』と呼ばれる彼らのような存在が、近年急増しています」
 ネット上の「祭り」は、現実世界では「デモ」という形を取る。ネット右翼を中心とした人々が参集する。
 大規模なものだけで以下の5件が確認された。

●いじめ抗議大津市大・散歩・会 7月14・15日、中学校前~大津警察署
●いじめ隠蔽の撲滅を目指した市民によるデモ 7月17日、大津地方裁判所
●××中学校再生祈念OFF会 7月18日、中学校前
●いじめ厳罰化 官邸前抗議大・散歩・会 7月19日、首相官邸前
●イジメを無視する日教組教育を許さないぞ!デモ 7月22日、大阪・靱公園

 14日のデモでは、加害少年の実名と顔写真を掲載したプラカードを持っていた男性が、滋賀県警に
 連行される騒動も起きた。

 本誌は今回、大阪のデモを主催した女性(35歳)に話を訊いた。彼女は元在特会の会員で
 ネット上では「ジェリー」のハンドルネームで知られている。

 ---なぜデモをしたのか。
 「大津市が日教組の強い地域だと知ったからです。若者の道徳心の欠如は教育勅語を知らずに
 育ってきたから。いまの教育現場が許せないんです」(>>3-10につづく)




スポンサード リンク


社会 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。