衒学News

TOPスポンサー広告 ≫ ナルトネタバレ 603TOPナルトネタバレ ≫ ナルトネタバレ 603

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ナルトネタバレ 603

801 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/02(火) 18:22:11.62 ID:jXEW5nla0
和訳してみたどー よかったらどぞ・・・


オビト、立つ!!

604: 再会、そして、、、

それはまるで、、、全く違う二つの顔

待ち受けるものは、、、

白いの「根に繋がれてる間、魔像の力を使ったのか・・・悪くないね・・・」
オビト「中々イカすだろ?
・・・よし!」
マダラ「・・・行くのか・・・?」
オビト「・・・助けてくれて有り難う。でもオレは行く!行かないといけないんだ!」
マダラ「早まり過ぎだ・・・オレに礼を言うにはまだ早いだろう・・・」
オビト「もうここには戻らないと思う。一応礼は言った。・・・オレは、行く!!」
マダラ「お前は・・・ここに戻ってくる。
そしてその時、オレに改めて礼を言うことになる」
オビト「・・・白いの!リンとカカシはどこにいるんだ?!連れて行ってくれ!!」
白いの「キミの体にくっついている人造体は、要はボクのクローンの一つだ。
距離によっては、テレパシーで交信できるよ。
他にも様々なボクのクローンが地中に配置してある。情報を共用しているんだ」
グルグル「その情報を頼りにボクが導いてあげるよ」
オビト「この声・・・グルグルか!頼んだ!!
<※クロークを羽織るオビト>
リンとカカシについて教えてくれ!」
グルグル「・・・
ボクの仲間たちによると、二人は大きなトラブルに直面してる!
霧隠れの実験台がなんとかって・・・よく聴き取れないけど」
オビト「?」
グルグル「とにかく、リンとカカシは大勢に囲まれているんだ!
・・・皆暗部や上忍並の手練れみたい」
オビト「ミナト先生は何やってるんだよ!!」
グルグル「ダレ?」
オビト「黄色い閃光は何やってるんだって言ったんだ!」
グルグル「んー・・・他のミッションで忙しいんじゃないかな」
オビト「こんな時に・・・!」

806 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/02(火) 18:23:32.03 ID:jXEW5nla0
<※回想>
オビト「リンを頼んだぞ・・・」
カカシ「ああ・・・」
<※回想終了>
オビト「(カカシ・・・!お前は約束した?頼む・・・リンを守ってくれ?今行くから?)」
グルグル「オビト・・・二人は戦うみたいだよ。でも先に言っておきたいことがある」
オビト「何だ?」
グルグル「キミはボクより弱い。キミの小さな傷ついた体は僕に包まれている。
・・・つまりボクがキミを守っているんだ」
オビト「だから何だよ?」
グルグル「ボクが戦った方が良いと思うんだ・・・」
オビト「マダラも言ってた。写輪眼は右眼と左眼が揃った時に真の力を発揮できるって!
俺の片目を持ってるそのカカシが戦場にいる!
俺と奴のコンビネーションの方が良いんだ!カカシとオレでリンを守る!!」
グルグル「柱間の人造体がキミの体についているのも事実だし・・・
千手とうちはの能力を合わせたら、
見たこともない力を手に入れられるかもしれないよね・・・」
オビト「?   <※ポツポツと何かが顔に当たる> ! <※爆発>
雨かと思ったけど・・・」
グルグル「また情報が入った・・・ あそこだよ」
オビト「行こう!
!!
<※オビトの左目の痕がズキンと痛む>
ぐぁッ?!
<※ぼんやりと、心臓を手に貫かれたリンが真正面から見える>
ぐ!!(何だこれは?!こんな変な事、想像してないぞ!!
あと少し・・・あと少しで着く!!)
<※到着するオビト。
しかし目にしたのは、カカシがリンの心臓を雷切りで突いた所・・・>」
リン「・・・カカシ・・・」
<※涙を流しているカカシの写輪眼・・・>

交わる瞳・・・!






スポンサード リンク


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。